Policy

  • 中小企業、商店街等の支援による区内経済の活性化
  • 町会・自治会等を通して長い間港区を支えてきて下さったのは、中小企業や商店経営者の方々であります。大変厳しい経済状態のなかで必死に頑張っておられる経営者の方々をしっかりとご支援することは、行政として当然のことと思います。これからもしっかりと中小企業、商店街の発展のため、全力で取り組んでまいります。

  • 未来を担う子供たちへ充実した教育環境の整備
  • 子供たちが未来にしっかりと夢を描けるように大人がサポートしていかなければいけないと思っております。子供たちが健やかに、そして社会の一員として、他人への思いやりや社会貢献のできるひとに育って欲しいと願います。そのためには、親や学校だけでなく地域も協力して子供たちを見守っていく環境の整備を図ってまいります。

  • 高齢者が安心して暮らせる街づくり
  • 高齢化が進むなかで、ちぃばすの整備や街のバリアフリー化等のハード面と、高齢者の方々がいつまでも元気にご自宅で楽しく生活できるようにする介護予防等のソフト面の充実を図ります。

  • 高齢者がいきいきと過ごす環境の整備(シルバー人材センターの仕事の確保等)
  • 高齢者の皆さんがご自宅で末永く過ごして頂けるように介護予防等を進めることや、自らの経験を生かし、生涯現役としてお仕事に励んで頂けるよう、港区シルバー人材センターの仕事の確保についても積極的に取り組んでまいります。

  • 女性が安心して出産、子育てできる住環境等の整備
  • 結婚の時期が遅くなっている社会状況のなかで、子どもが欲しくてもなかなか恵まれない方もいる現実があります。私は高額な不妊治療の助成等について議会で取り上げさせて頂きました。また、保育園の待機児童の解消に向けて、私は高輪桂坂暫定保育室の開設のために地域の町会長・自治会長の皆様の署名を頂戴に回り、それを持って区長に陳情し、開設に繋げました。今後も引き続きしっかりと対応してまいります。

  • 建築物の耐震化、電線の地中化等の積極的推進
  • 3月11日の東日本大震災を受け、区内建築物の耐震化をよりスピードアップしなければなりません。官民協力体制を取り、あらゆる方法を用いて積極的に推進してまいります。

  • 町会、自治会等の地域活性化を含む支援
  • 高齢化が進む町会・自治会等の区民参加をいかに進めていくかが重要な課題です。地域の学校やボランティア等の協力を得ていくことも必要と考えます。そういった力を借りながら、様々なイベント等を通じ、地域の輪を広げていくことが必要なのではないでしょうか。

  • 区の環境施策への先駆的取組みの推進
  • 田町駅公共公益施設建設における低炭素化計画の普及啓発や、新エネルギー開発への助成等、先駆的な取り組みを行ってきた港区としての更なる推進を求めてまいります。

  • 東日本大震災を受けての防災対策について
  • 3月11日に起こりました東日本大震災を教訓とし、港区としての防災対策の見直しをしなければならないと考えます。あの日、私たちの生活する港区がどのような状態であったかをしっかりと検証し、90万人の昼間人口を抱える港区として、20万人を超える港区民の安全・安心を守っていかなければなりません。防災に関する特別委員会も設置する方向で進んでいるようですし、早急に対策を考えていきます。